ぎふ清流レディース誕生物語
2016年リオデジャネイロオリンピックより7人制ラグビーが採用される。国体種目も成年、女子も7人制ラグビーが採用される、全国各地で急速に普及強化の取り組みが行われています。

 当時、東海4県(愛知、三重、静岡、岐阜)で女子ラグビーチームが無かったのは、岐阜だけであった。

 2016年、2017年の岐阜県ラグビー協会主導による女子選抜チーム発足や女子ラグビートライアウトを経て、チームが結成される。

 私たちはこのような背景の中、岐阜県の女子ラグビーの礎となり、国体への出場や女子ラグビーの競技人口を増やすことを目指して2017年に始動しました。

現在は所属選手18名となり、他競技から転向した選手やラグビースクールからずっとラグビーを取り組んできた選手まで、自分の目標達成や岐阜県女子ラグビー界初の国体への出場を目指して取り組んでいる。

 

 

コンセプト
愛のあるチームに!愛されるチームに!
ラグビーを一生続けることができる環境つくり

指導体制

チームディレクター(代表)    北村浩士

ヘッドコーチ           丸山智一

アシスタントコーチ        川島啓徳

アシスタントコーチ        五十嵐敏彦

パフォーマンスコーディネーター  澤村彰吾

チームドクター          白井之尋

ポリシー
・日本代表選手、国体選手の発掘と育成
・岐阜県女子ラグビーの発展
・安心安全なクラブ運営
・セブンズに特化した指導力

【現在準備中】
規約
入会届
退会届
事業計画 
予算計画